f08c47fec0942fa0 イベント販売会って工賃稼ぐのにもってこいなのに、コロナのせいで。 | b型事業所アクセプト
スポンサーリンク
雑記

販売会などのイベントに参加したい。

雑記
このエントリーをはてなブックマークに追加
質問ねこ
質問ねこ

販売会もコロナであんまりないんやろ?

寂しい限りやね。

代表
代表

そうなんだよねぇ。

コロナのせいで本当にそういった機会を逸している。

工賃原資にもなるし、ぜひとも参加したいのだけど。

そんな気持ちを記事にしてみました。

スポンサーリンク

コロナウイルスがこのまま落ち着いてくれればいいのですが。

どうも、私です。ここ最近は落ち着きを見せてきているコロナウイルスの感染拡大ですが、やはり昨年中から販売会のイベントなどがなくなってしまい、工賃向上の足かせとなってしまいました。

相談支援専門員をしていて、気づいたこととしては、3ヶ月毎のモニタリングのたびに、コロナウイルスが流行ってきたというもの。毎回、同じ人達のモニタリングの時だけ、会いに行きにくい状況となっていた。5月ではやったので、次は8月ごろが非常に怪しいのではないかとにらんでいる。ワクチン接種がこのころまでにどれだけ進んでいるのだろうか。

さらに、オリンピックもある。今の状況だと、無理にでもGOしてしまいそう。それもまた怖いなぁ。そしたらまた感染爆発してしまうのじゃなかろうか。体の丈夫でない利用者さんもいるので、とても心配である。本当に早く収まってほしい。なんかとても動きにくさを感じる。窮屈である。

代表
代表

案の定、オリンピック期間で感染爆発しましたね。

とにかく、感染拡大が治まらないとどうにもなりません。

販売会に参加して売りたいもの。

フィルムカメラ CANON
CANON AV-1
スーパーファミコン キャンディグリーン
た〇じ〇うカラー…

まぁ、この辺は持っていきたい。啓発活動だ。古くても、楽しいものは楽しいと伝えていきたい。実際売れるかどうかなんてよくわからないんだけども、やってみなけりゃわかんない。

代表
代表

変な物持って行ったほうが目立つとは思いますが…(笑)

実際に販売会で一番結果が出るのは飲食物の販売です。

特集:障害についてのページへ

飲食関係は強い!

今までの経験として、一番手っ取り早く結果を得るためには、イベントでの飲食物販売だった。フライドポテト、焼きそば。本当によく売れる。しかし、死ぬほど忙しい。けど、忙しいなりの成果は得られる。幸いにして、私も衛生管理責任者の講習は受けている。出店であれば、三方テントを準備することでいつでも参加できる。

フライドポテトは、1キロ入りをちゃんとしたところで仕入れると、おおよそ300円程度で手に入る。その一袋を揚げて、一人分に小分けすると大体8人前~9人前になる。普通に一つ100円で売っても倍以上になる計算である。200円で売っても、全然売れる。それだけ、イベント会場というのは財布のひもがユルユル状態なのだ。マクドナルドのポテトとか考えたら、スゴイことになってるんじゃないかと変な心配をしてしまうくらい儲かってしまう。まぁでもめっちゃおいしいんだけども。フライドポテトはとっても割がいい。他にも、大体イベント会場で売るものはほとんどのモノが仕入れの倍以上になって跳ね返ってくる。その代わり本当に忙しいし、自分たちはお昼には一切休めない。その代償はあるが、とても安いものだと思う。

それだけ、イベントへの参加というものは、工賃向上を大きく支えてくれるものである。

売れる事の喜びを、利用者さんたちと一緒に味わいたい。その達成感だったり、最高の疲労感だったり、分かち合いたい。とても楽しい。それは経験上間違いない。

今はそれが実施できない状況にある。とても悲しい。

うちの事業所は、コロナ渦中令和2年8月1日開所であった。よくもまぁ、このタイミングで始めたもんだと自分でも感心する。しかし、宮崎市は総量規制が解かれたタイミングであったため、逃すわけにはいかなかった。まぁ、落ち着くだろうと楽観視していたところもあるが、それは性格上仕方がない。落ち着きはしなかったが、なんとかかんとか、今までやってこれている。あと2ヶ月で1周年かぁ、早いなぁ。苦しい事も多かったけど、楽しいことも同じくらいあったかもしれない。

なんとか、アクセプトで販売会に参加したい。本当に楽しい、販売会。その成果を早く皆で味わいたい。

代表
代表

正直、売れれば売れるほど休む間もなく手を動かすので疲れます。

しかし、それに見合うだけの売り上げ、疲労感、達成感が得られます!

今年でもう終わってほしい、コロナ騒動。

切に思う。本当にこの息苦しい環境を終わりにしてほしい。そうすれば、もっと我々もいろいろなところに顔出しして、モノを売ることが出来る。みんなで努力できる。楽しめる。

早く、そういう機会が巡ってくることを祈ってます。

では、また次回!

このエントリーをはてなブックマークに追加

特集:障害についてのページへ

back:アクセプトについてに戻る

top:フロントページに戻る

ツイッター配信中です!

コメント