f08c47fec0942fa0 美少女戦士セーラームーンの魅力 | b型事業所アクセプト
スポンサーリンク
生産活動のこと

美少女戦士セーラームーンの魅力

生産活動のこと
スポンサーリンク

面白い商品がたくさんあります!Lots of interesting products here!

当社は障害福祉サービスの事業所です。
障がいを持った方が、作業をするための事業所です。
作業の一つとして、古物販売をしています。
ヤフオクやメルカリ、ebayなどで販売を行っています。
古物市場で仕入れをしたりすると、結構面白い商品が手に入る時があります。せっかくですので、それをブログで紹介していこうという取り組みです。外国の方も読めるように、英語表記も併記しております。さて、今回の商品はなんでしょう?

Our company is an office of welfare services for the disabled.
We are a business office for people with disabilities to work.
One of our work is selling secondhand goods.
We sell on Yahoo! Auctions, Mercari, ebay, etc.
Sometimes we get quite interesting items when we purchase on the secondhand market. Since I am in the mood for a blog post, I thought I would introduce these items on my blog. We also write in English so that people from other countries can read it.
So, what is the product this time?

誰か美少女戦士セーラームーンについて知りたい方はいませんか?

『美少女戦士セーラームーン』(びしょうじょせんしセーラームーン)は、武内直子による日本の漫画および、それを原作としたアニメの作品である。講談社の少女漫画雑誌『なかよし』で1992年2月号から1997年3月号まで連載された。旧版単行本は全18巻、新装版は全12巻、完全版・文庫版は全10巻まである。1993年に『なかよし』の発行部数が205万部突破した頃の看板作品で、連載開始と同時にテレビアニメ化され、少女を中心に大人の女性、男性の間にまで広く人気を博し、単なる少女漫画・アニメの域をはるかに超えたブーム・社会現象となる。ミュージカル化、テレビドラマ化等もされた。1993年度の第17回講談社漫画賞少女部門受賞している。2021年1月時点で単行本の全世界累計発行部数は3000万部を突破している。

Bishoujo Senshi Sailor Moon” (美少女戦士セーラームーン) is a Japanese manga and anime work based on it by Naoko Takeuchi. It was serialized in Kodansha’s shōjo manga magazine Nakayoshi from the February 1992 issue to the March 1997 issue. It was a signature work when the circulation of “Nakayoshi” exceeded 2.05 million copies in 1993, and was made into an animated television series at the same time as the serialization began, gaining wide popularity among girls, adult women, and men, and becoming a mere girls’ manga/anime. It became a boom and social phenomenon that went far beyond the realm of the As of January 2021, the total number of copies sold worldwide has exceeded 30 million.

どこが美少女戦士セーラームーンの魅力なのか?

セーラー型のコスチュームを身にまとい、戦う少女たちには、その凛々しくも美しい姿は、途方もなく鮮烈だった。キラキラとした物語は、プリズムのように少女の多面的な姿を映し出してゆく。女の子が可愛いだけでなく、強くもかっこよくもなれる存在であることを、セーラームーンは私たちに教えてくれた。

多くのファンが知るように、『セーラームーン』の原作マンガと90年代に放映されたテレビアニメでは、内容や作風が大きく異なる。より子ども視聴者を意識したテレビアニメでは、ギャグをふんだんに取り入れたコミカルな表現を前面に押し出し、セーラー戦士の友情と絆に主軸を置いた物語が描かれた。原作ではクールな火野レイの性格をギャグに寄せ、男にも女にもなれる天王はるかをアニメでは男装にするなど、主要キャラの設定にも改変が見られる。ストーリーも原作とは異なる場面が少なくなく、マンガとアニメはそれぞれ独自の路線を打ち出し、メディアミックス作品として成功を収めている。

The gallant and beautiful figures of the girls fighting in sailor-type costumes were tremendously vivid. The sparkling story reflects the multifaceted appearance of the girls like a prism. Sailor Moon taught us that girls can be not only cute, but also strong and cool.

As many fans know, the content and style of the original “Sailor Moon” manga and the TV anime broadcast in the 1990s differed greatly. The TV anime, which was more geared toward the children’s audience, pushed comical expressions with plenty of gags to the forefront and depicted a story that focused on the friendship and bonds among the Sailor Senshi. The main characters in the anime were also changed, such as the cool Hino Rei’s character in the original story being made into a gag, and Haruka Tenno, who can be both a man and a woman, being dressed as a man in the anime. The story also differs from the original in many scenes, and the manga and anime have each developed their own unique lines, making them successful as media-mix works.

Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)

美少女戦士セーラームーンで欲しい商品

『化粧筆 メイクブラシ セーラームーン アイブラシセット可愛いくて 化粧筆 8本セット 繊維毛 化粧ブラシセット 人気 美少女戦士セーラームーン メイクブラシ 携帯 セット メイク道具ブラシ 美少女戦士 化粧筆 8個セット【最高の贈り物】 (pink)』がアマゾンに売られています。女性がメイクするときのブラシで、セーラームーンのデザインで可愛らしく作成されており、とても欲しい商品です。使うのはもったいないですが、旅行などに持っていけるポーチもついております。

まとめ

美少女戦士セーラームーンは、グッズも沢山ありますし、今人気があると思います。また、女性から変身したら男性に変わるのでとてもおもしろい作品に仕上げられてます。ぜひ興味ある方は、セーラームーンをみてみてください。ちなみに、アマゾンプライムでみれます。

Bishoujo Senshi Sailor Moon has a lot of merchandise and is very popular right now. Also, the transformation from a female to a male makes for a very interesting work. If you are interested, please take a look at Sailor Moon. By the way, you can watch it on Amazon Prime.

コメント