f08c47fec0942fa0 病院を勇気だして変更 | b型事業所アクセプト
スポンサーリンク
メンバーさんのつぶやき

病院を勇気だして変更

メンバーさんのつぶやき

今回も、カメラ大好き【D】より,病院を変更する覚悟はかなり必要ですし、医療費も気になる方もいますよね。
でも納得が、いかなかった場合はセカンドオピニオンも大切な自分の体調管理となります。

痛み(心や身体)は我慢しなくていいですし、事実確認をする為に必要な場合もありますよね。

私はどちらが先か解りませんが(心の病気が先か?身体が先か?)そこを今の通院しているクリニック
と薬の調整をしながら行っております。前回まで1日30錠の薬を飲んでいた薬の数に驚かれたのと
内科での薬(糖尿病)と合わない薬とが混ざっているのと量がやはり多いとの事で、通院が毎週行われ薬を徐々に減らしていく工程を医師と自分で慣らしながら行っております。

精神薬を増やす事で、頭の中(忙しさ)の緩和が出来ますが…食欲を助長する作用もあり、お腹が空くのと眠たさの両方がきます…眠いのに我慢できないくらいのお腹が空く!しかも食べて寝てもお腹が空く!そしてまた罪悪感が起こりながら食べてしまう…なぜか?

【うつ病】と診断されたとき、不眠症と食欲不振があり体重が平均を下回っており(30㎏)まで平均の私の体重は(40㎏)でそれでも痩せ型でしたが…更に減っており…その2つを改善させるための処方箋だったのが…食欲不振が改善されたのですが…薬はそのままでした。

これは医師ではなく私も食欲不振の改善が出来たことを医師に報告出来なかったのでこちらに責任があります。

それが10年近くまで掛かった事が体重の増加と肝臓脂肪の原因となります。

不眠症も無呼吸症候群の影響もあり、薬の変更が出来なかったことも考えられます。酸素が脳に入らないと質の良い睡眠とならないからです。

ここを今の医療機関は検査で確認して…【心の病気】【うつ病】の原因として睡眠が出来ていないことが解り、そこの改善と、薬を調整しながら、気分が落ちる時も有りますが…訪問看護も受けながら頭の中の【忙しさ】を微調整しながら過ごしています。

けれども頭の【忙しさ】は,タイミングが悪く気圧などにも影響される…自立神経症もある為、身体の負担もあり頭にも影響が起き巡るしい感情に陥っていましたので…それをコントロールするのに忙しく、子どもとの会話も成り立たなく、頭がパニック状態になったら部屋に先に行き布団で携帯も使わずに無の状態にしようと必死にしますが…頭の【忙しさ】は変わらず大変でした。

天気や気圧が安定しているときは、自律神経症はあるものの目まいとかは安定しますが、気圧の変化で身体が重くなりますし、目まいによる立ちくらみが起きます,これも気分が良い時は我慢できるのですが
目まいに立ちくらみに頭痛が来ると【イライラ感】や【モヤモヤ感】などの感情が出て抑えるのに頓服を飲みます。

頓服ですが気持ちと副作用が異なるので、まったく感情コントロールとはなりません。
なので座って痛みが抜けるのを待つしかありません。

痛すぎると吐き気が起きて大変です、気圧の変化で痛いのは、晴れているけれど次の日の曇りや雨の前日1番と雨から晴れや曇りになる時が私は痛いです(笑)

脳の【忙し】さには薬という治療が重要で…脳の【忙しさ】で起こる不眠症や食欲不振などで体調が整わなくなります【病は気から】と云いますが…その通りで体調も崩れますし…でも頭の中では…体調が先か?脳が先か?それとも同時進行か?…と脳が【忙しい】です。

私は心療内科と身体の内科とは別々の病院で治療していましたが…内科とでの薬と、心療内科での処方箋が合わない薬などがあり、体内への影響があるものが混ざり合うという事で効果が薄れるモノが合ったりと先生が頭を抱えるほどでした…合わないのがどうしても,糖尿病と合わないのが多く…しかし…頭の【忙しさ】はそれを上回るので大変です。バイタルも良くなく…心身が【忙しい】状態です。

なので勇気出して一歩踏み出しました…心療と身体の両方を診てくれる病院を探して心療も糖尿も無呼吸も気管も高血も肥満も見てくれる場所を探して、当初は新規は70歳以上の方との事でしたが…先生からの許可がおりのスタートです。

やはり最初に、全ての検査と、薬の調整となります…1週間事の通院です…2022,04,22から毎週です。

新たな病院のスタート


色んな検査を1からでしたが…そこから先生の診る力の凄さです…まずは心療(経緯)と身体の検査(血液検査など)大変だったのが、無呼吸症候群の検査ですね…受けたのが10年ぶりでしたので…正直…改善されているのを期待しましたが逆に悪化しており,先生からは『脳に酸素が到達してる時間が短く、そこから不眠になり、心身を不安定にさせている可能性はあります』との事を言われました。血液検査も食事慣例の検査では異常は、糖尿の数値だけでした…なので食事の改善は出来ていることが証明される結果となりました。

あとは運動ですね…ただ激しい運動も止められている為、散歩(ウオーキング)程度ですが…地味に体重は落ちてきています…現在は89㎏~87㎏を行き来しています。朝計るのと夜計るのとでの体重の変化も記入しながらです。

1日の過ごした内容を細かく記入し,食べたモノも記入し,睡眠の時間も記入し,その日の気分も記入し,訪問看護と先生に確認をしてもらことで、私の生活リズムが観れるのと,精神状態や食事や体重の変化も確認できるので活かされております…この方法は…訪問看護様のアイデアで行われており、現在でのクリニックで相当な力を発揮してくれています…実は書くのも嫌な時期も、ありましたが現在ではこれが先生の薬の調整にも役に立っており感謝です。

ここで少し気分が落ちている時や気分が乗らない時

やはり気分で調理するのが辛い時があり、宅配などや冷凍総菜などで済ませる事もあったりと…します、そこも確認出来るのと自分の流れを自分で知れるのは、この方法が良いですね。

流れとは不調だったりと周期がの流れが解ってくることです。

どうしても、どんなに食事面を気にしても、配達や外食ではヘルシーに食事するのは大変です。

なので体重も増加しますね…そこも把握しての体重管理ですね。

また外食では血糖も考え、野菜をメインに注文してからの食事をすすめますね。

なのでサラダ付きのメニューを注文したほうが良いでしょうね。

サラダとスープで腹もちをさせましょう。

その後にご飯でを食べてメインを食べると良いでしょう。

あと夕ご飯を食べたら、たまにお腹がすく事ありますよね、そんな時って以上にカップ麺が食べたくなる事ありませんか?、そんな時は春雨スープをお勧めします。ラーメンより血糖を上げ過ぎる事を抑制
します。

ですが…食べ過ぎもやはりよくないので気を付けましょう。

こんにゃくラーメンもありますが…自分は好きですが好みが分かれる味ですね。

1月~5月初期まで気分が落ちていました

新しい病院に変更するまで…踏み出すまで…頭が【忙しい】状態が続き混乱状態を騙すのに必死でした。

出来事が沢山、頭に入ってきてそれを処理するのに頭がフル回転で、頭を冷やせるのが休まる所が今通所しているB型事業所だけなので…否…その場所を提供してくれているから、どうにか持てた(精神状態を保させる)のがやっとで…他の方のブログを見て勇気を出し声に出せました。

病院を変えて思った…率直な意見は私の話しを聞いてきてくれる事で、久しぶりの感覚でした。
また診断書だけではなく、病院でもう一度検査して診断なので感動しました。

以前までは妻と共に診察(以前)はしており、聞かれるのは妻の状態の話しで診察が終わるので自分の悩みや状態を話させてもらえず…ずっと自分の責任だと思っていた悩みを今回の病院(クリニック)で先生からは『〇〇さんは悪くないですよ、自分を閉じ込めなくてイイですよ』と声をかけてくれました。

それから薬の調整(脳と身体)を共にしてくださり、毎週私の話しを聞いてくれます。ようやく自分の心療と身体を診てくれる病院に出会いました。相性というか病院の雰囲気も良いです(笑)


心境を聞いてくれて、そこから打診もしてくれる所が良いですね…勇気・気張ったかいがありました。

また写真に没頭したいですな~(笑)

以上カメラ大好き【D】からでした。

コメント