f08c47fec0942fa0 猫はしつけ出来るのか? | b型事業所アクセプト
スポンサーリンク
メンバーさんのつぶやき

猫はしつけ出来るのか?

メンバーさんのつぶやき

スポンサーリンク

早速結論

意外と出来ます(笑)爪切りにお風呂に猫用のブラッシングに食事に爪とぎの、しつけを子猫の時に優しく誘導すれば壁とかには爪とぎは、しませんよ。ただ私のズボンに爪とぎをします、デニムだと良いのですが…ダメージ感が良いので…ただジャージにもされるので…恥ずかしいジャージになります。しかもカメラ大好き【Ⅾ】のお気に入りのボトムスに(汗)


そんなカメラ大好き【Ⅾ】のニャンコ2匹です。

きょん先生
きょん先生

カメラ大好き【Ⅾ】が風呂に入ると上がるまで待っています

モコ様
モコ様

カメラ大好き【Ⅾ】が寝床につくと部屋を開けてとジャンプアタックします

どちらも瀕死の状態の子猫を娘が連れてきました。1年目にモコ様を2年目に、きょん先生を
1年先のモコ様を、キョン先生は母猫と勘違いを起こすくらいに、べったり…最初はどちらも里子に出そうと決めていました理由は賃貸ですし、元気になったのと…風呂もシャンプーとかは嫌がらず、上がる時だけ暴れるという犬と同じような感じで、爪も切らせてくれますし、爪とぎも段ボールでするように誘導して(何故か私のボトムス以外)尚且つ、人慣れと外へは出ないという猫なので里子に出しても大丈夫!とカメラ大好き【Ⅾ】は思っていたのと…不動産にもその条件で許されていたのですが…1年すぎると情が湧いていて、腹を括りました。引っ越しをしようと、岡山に居た私カメラ大好き【Ⅾ】家族は故郷の宮崎に帰る事を決心し宮崎に猫の他頭飼いの物件で宮崎市に最初は宮崎市でも田舎の方に引っ越ししました。

モコ様、きょん先生が最初に見た外の景色は、想定外に人の多さに見えたのでしょう…何故なら岡山から電車に乗り人ごみに揺られながら新幹線に乗り揺れまくる特急に乗り猫用のキャリーバッグから観た景色は人の多さだったでしょう…それからは喫煙の時は私の膝の場所に乗る2匹でしたが…その引っ越しの経験から、喫煙に付いてこようとはせず、扉の前で喫煙が終わるのを待っている状態です(笑)

なので洗濯物は楽です閉めなくても出る気なしなので完璧家猫です…

外で野良猫が泣いていても動じず…犬が吠えていても動じない…ただ雷だけはテーブルの下か私の足枕に逃げ込みます(笑)

雷が鳴り止むのを待っているような状態です。

警戒心なさすぎの、きょん先生です。この寝方はモコ様もします(笑)犬だけではありませんよ。
わたしカメラ大好き【Ⅾ】の甥っ子、姪っ子にも平気ですが遊ぶのに疲れると、足枕にきて避難しています。

家猫すぎて、虫にも興味は湧かなく…目で追うだけ、猫じゃらしにも興味なしですが、靴紐やリボンには興味を持ち紐を手元に持ってきますね…遊んでよと言っているかのような目で見つめてきます、ですがこちらも暇が無いので、持ってくる紐は遠くに投げては、それを追っかけて手元に置きます、その繰り返しです…犬のように育っておりますが…さすが猫…本棚の上や、冷蔵庫の上に飛ぶのは猫しかできない技法ですね…でもモコ先生は自分で降りられるのですが、きょん先生は子猫のような鳴き声で助けを乞います(笑)なので抱っこしてもらい居ります…

朝は自分が起きる時間を知ってか暑い日も寒い日も扉の前で待っています。
元々犬派の私カメラ大好き【Ⅾ】でしたが、猫も犬も育てれば同じようになることが解りました(笑)

ただし猫は怒っては臆病になるだけなので意味が無いのと、触り過ぎも好まないという点以外は良いのと体臭は臭くならないのですが…口は臭いです(笑)

あと犬でも猫でも口移しは厳禁ですね…何らかの菌がある場合互いに良くないからです。

キャットフードをあげると、それしか興味がなく(子猫の時は来てましたが)晩御飯が肉料理でも魚でも来ません、来ても足枕の要求ですがご飯の時は広げません。

食べ終えると足枕してあげますが…猫にも上下関係と甘えても良い時と悪い時を把握させてあげる必要が大事ですね。

きょん先生は今年で5年目


モコ様、今年で6年目

遊ぶ時も夜中だと『ダメ』というと、モコ様・きょん先生はピタッと遊びを辞めて夜一緒に子どもと一緒に寝ます…腕枕で(笑)

そんなモコ様・きょん先生は心のピアサポートになってくれていて助かっています。

きょん先生は午後3時頃になると覚醒します。何故なら私の帰りの時間帯を覚え玄関で待機して待っていますが休みの日はずっと足枕独占状態で…トイレに行くのも、風呂に行くのもその扉の前で子猫のように鳴きます(笑)

モコ様は上から目線ですが…側に居ます…が連れてきた本人娘の所には行きません(笑)

時からしても、私たち夫婦からしても、ペットはこのモコ様・きょん先生まで!と決めております。

だからこそ責任も持ちますが、この関係が精一杯と感じていますしモコ様・きょん先生に逆に失礼と感じるし、このままが良いと考えています。

将来は分かりませんが…この子たちとの過ごし方はこれがベストだと考えています。

猫を知ったうえで…野良猫は触らない事も大事になってきます…触った手洗い消毒と服を着替えなおすことも重要です。全てが全てではありませんが、触れた猫が感染症の病気を持っていたら…健康な猫にも感染するリスクがあるからです…自分の散歩コースは河川敷で野良がたくさんいますので、決まった靴で帰ったら服を即洗濯並び風呂で流すなどの感染対策が必要です。散歩に行く靴は別に保管する必要があります。野良は意外とどこでも尿などをするからです。河川敷は土の所が多いので何処でしているか分かりませんのでモコ様・きょん先生には感染させないよう心掛けています。

命であることを知ることの大切さ

ネコや動物を飼育するうえで大事なことは、動物にも個があり、特徴が違うという事…そして見た目だけで飼う飼わないは判断基準にしては行けません…飼育する上で覚悟を決める事と動物でも見届ける覚悟といえば分かりますかね…〝結婚”と似たような感じです…犬でも猫でも他の動物でも最後を見届けられるか?が大事ですし〝しつけ”も大事で猫しかり犬しかり接し方で虐待行為をしないように覚悟が必要です。

犬や猫も痛いのは嫌いです…大声も嫌いです…猫はトイレの場所を覚えるのは早いので苦労はしませんが犬は覚えるのに時間がかかります。するところを決めてそこですれば褒めてあげると喜びます。他の場所でした場合は、『ダメ』という言葉を教えるのとアルコールスプレーなどで掃除した後に吹きかけて下さい…するとしなくなります。定位置を覚えます。

そしてトイレ―シートを覚えさせると良いでしょうね。引っ越しが多い方でもシートですることを覚えさせれば最初は戸惑うもののシートを覚えているので戸惑いは減少されるでしょう。

叱るのを少なく、褒める事を多くする事が大事ですね。

で犬を肩より上に乗せない事も重要です、犬は上下関係を作ります、寝る時も(家犬)ゲージか布団に入る時は足元で寝かせる事が大事です。上下関係が逆転すると、しつけを聞かなくなります。

そして食事も人の食事の方が先に…これは猫にも云えますね…強いモノが先に食事をして、その次に猫や犬の順番で与えることも大事ですね。

これらを逆転させると共存が崩れ虐待になってしまう可能性もあります。また犬は人ごみにもある程度慣れさせる必要がいります。

ペットで人同士の共存の妨げになることもあり、そこから選択する必要が出てくるかもしれないからです。
なので独り身の方は特に自分のペットはある程度人馴れさせておくと良いでしょう。

それには安心感をペットにしてあげると良いでしょう…家に居てもストレスなく過ごす犬や猫はいます。
例えば小型犬でも散歩量が少ないでも大丈夫な犬種がいますし、大型犬は動かないとストレスが溜まるので散歩や大きなゲージ(檻が必要です)小さいと動けないので…ストレスで人…飼い主を襲う危険性もありますので大型犬は1軒建ての家と、それなりの庭が必要です。

小型犬でも犬種で散歩が必要な犬と、そこまで必要ではない犬種で別れます…でもある程度犬も猫も運動は必要です…ガスが溜まるのは良くないので…部屋の中でボールや猫じゃらしの触れ合いが大事になってきますし、コミュニケーションにも良いですよ。

犬でも猫でもコミュニケーションの取り方が大事ですよね…猫も犬も安心できる人を観察します。

で人が来る際は一度『猫のアレルギー』がないかの確認をして…猫を別の部屋にゲージを設けて入れます。

猫アレルギーではなくても、なんらかのアレルギーや猫嫌いの人が訪問する際はゲージへレッツゴー!?です。

猫が家に来てからは、朝夜のトイレ掃除に朝の、じゅうたん等のコロコロと掃除機と窓を開け空気の入れ替えとの徹底とアルコールスプレーの徹底ですね、あと子供の喘息の確認とします。猫も人が共存する上でのルールですね。

猫が来るまでは部屋の掃除は適当でしたが…来てからは過敏になりました。玄関で朝、夕とブラッシングです(笑)

子猫の時からしていたので、怯えながらもじっとしています。

猫同士のじゃれ合いも、優しいじゃれ合い、走り回る程度で仲が良いです。

ご飯の『食べても良いよ』の合図を待つ、きょん先生…モコ様は待ちませんが(笑)
きょん先生だけは待ちます…

皿に、ご飯が入っていても…待ちます…入れる音をしたら待機しています(笑)

きょん先生
きょん先生

この後動画を撮られましたので

アップしたらみて下さいませ~

カメラ大好き【Ⅾ】
カメラ大好き【Ⅾ】

ペットも大切な家族です

心に癒しをくれる存在でパートナーです。

以上カメラ大好き【Ⅾ】からでした~( ´∀` )

きょん先生
きょん先生

YouTubeも観てね( ´艸`)

コメント