f08c47fec0942fa0 車椅子インフルエンサー中嶋涼子さんの動画を見た感想です。 | b型事業所アクセプト
スポンサーリンク
雑記

中嶋涼子の車椅子ですがなにか!?をご存じですか?

雑記
このエントリーをはてなブックマークに追加
質問ねこ
質問ねこ

中嶋涼子さん…って誰なん?

代表
代表

車椅子インフルエンサーです。

車椅子になった経緯なども動画で確認できるのですが…

非常にバイタリティにあふれた方です。

ぜひともご紹介したいお人です。

スポンサーリンク

自分にできることをひたすらに追及されている方です

中嶋涼子さん。

車椅子インフルエンサー。

自己紹介動画を見ました。その感想を書きたいと思います。略歴だけはお伝えして、一度見てもらえると当事者の方たちの力になると確信しています。動画は一番最後に貼っておきます。簡単な紹介を見て、興味が出たら、見てみてください。少なくとも、私は力をもらうことができました。当事者ではありませんが。

簡単な紹介です。動画内ではもっと赤裸々に語っておられます。

小3で、原因不明の下半身不随に。

小4で引きこもり。そりゃそうなるよ。歩けていたんだから。

小5の時、どこにも行きたくない、誰にも見られたくないと思っていたときに、いやいや見に行った映画タイタニック。その映画に感動して、何度も見に行く。

これがきっかけとなって、映画の仕事がしたい!って思えるようになり、引きこもりが治ったそうです。人間、何がきっかけで動き出せるのかわかりませんね。そして、映画の仕事に就くために、英語の勉強を頑張って、留学もして、そしてその夢はかなうのですが…

留学中のアメリカ生活で、障がいを忘れて過ごせていた
そういう人もいるよね。多様性に対する寛容性。当たり前に接してもらえる。そして、バリアフリーも充実したアメリカ社会。これは単一民族である日本人にはない感覚かもしれません。それが、中嶋さんにとってはとてつもなく居心地が良かった。そして、日本で映画の仕事をすることになります。

日本での息苦しさを再確認、昔の自分に戻ってしまいそう
アメリカ時代には感じなかった生きづらさ。自分が特別だと感じてしまう環境。当事者にとって、これほど生きにくい日本社会。だから、日本のこの「心のバリア」をぶっ壊したい。
車椅子インフルエンサーになるのは、必然だったのかもしれません。

車椅子インフルエンサーとして活躍中
精力的に活動されておられます。キレイな方です。でも、うんこの話もします。なんか面白いです。
ここまで読んで、気になる方、ぜひとも動画をご覧いただけると嬉しいです。

特集:障がいについてのページへ

代表
代表

アメリカでの生活ってどんな感じだったのでしょう。

どういった教育がなされれば、そういった環境が整うのでしょうか。

ついつい、動画に↓のようなコメントしてしまいました。私も頑張りたい!
障がい福祉サービス事業を運営しています。本日あなたの存在を知りました。自己紹介、赤裸々に語られている姿はなんだか素敵です。 当事者ではない私に、あなたをはじめ、当事者の方の本当の辛さはわかりませんが、想像することはできます。 想像はしますが、障がいについてかわいそうとは思わないです。仕方がない。かわいそうで障がいがなくなるならなんぼでもそうしますけど。 そして自分に置き換えた時、かわいそうと思われることがつらい気がします。 だから別になんかかわいそうとか慈愛だとか、情けだとか、そんな感覚は仕事の中に一切ありません。 なので、傍目にコイツ大丈夫か?って思われることも多いですが。気を遣わなさすぎと言いますか。気遣いがあんまりできません。 自分が当事者となった時に、同じセリフが言えるか保証もないんですけど。でもまぁ、それはさておき、精一杯生きて死んだらいいかなと思います。 自分が納得して死ねるくらい毎日を生きたらいいと思います。結局、自分の積み重ねを、自分がどう評価できるかが人生です。 真面目に仕事を頑張るとかじゃなくて、自分がしたいことをどれだけやったかだと思います。自己満足して死ねれば良いです。 夢を持つことが原動力となる。それは私も理解ができます。そして、かなえた夢からまた違う目指すべき道が見えてくる。 障がい者であることを忘れられる環境ってすごいですね。この国にもぜひ浸透させてやってください。 文化の差は大きいですね。この国はあまりにも障がいを持った人たちと触れ合う機会がなさすぎます。 だから腫れ物に触るような対応しかできなくなったり。理解しようにもその環境がありません。普通に、人対人なのに。 人対人としてのやり取り、ただの会話が虐待と言われたり。言葉狩りのような。それがまた、障がい者様を生んでしまう環境でもあったり。 私も自分の事業所の利用者さんたちで動画配信したいという人がいれば、全面的にバックアップしたいです。 ノーマライゼーションの一環として、そういう活動に取り組んでみたい。 今日はとても良いお話を聞くことができました。ありがとうございました。 半年前の動画に長文投稿してしまうくらいテンションが上がりました。 私もあなたに負けないように、自分のやり方でみんなと頑張っていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

back:雑記へ戻る

top:フロントページへ戻る

ツイッター配信中です!

コメント