f08c47fec0942fa0 ブレスレット作り | b型事業所アクセプト
スポンサーリンク
メンバーさんのつぶやき

ブレスレット作り

メンバーさんのつぶやき
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

天然石ビーズを使用

コロナ禍で、出来ることを見つけ出すことって大変ですよね、そんな中でも家の中で、できる趣味です。

よろしければ参考までに、ご観覧ください。

わたしの趣味はビーズ作品作りもありますので、制作作りの様子をご紹介いたしますね。

今回は簡単に制作できる【ブレスレット】作りを紹介します。

まずは自分の好きなビーズを購入して自分にあった作品を制作してみましょう。

わたしは↓のビーズを使用します。

タイガーアイ
これだけでも良さそう(笑)

今回のメインの天然石はタイガーアイを使用しましていきますね。それに合うビーズも用意します
透明のアクリルビーズと丸小ビーズで金色を選択しました。

アクリルビーズ
丸小ビーズ

それと必要な材料として↓のものを用意してください。

オペロン、ノビロンというゴム状のもの
ハサミ
仕上げに使用するボンド(木工ボンドでも可能)

上記のものを用意します、オペロンかノビロンは、。自分に合った方を使用すると良いですよ。
ハサミも切りなれているもで良いです、ボンドも木工ボンドでも良いのでまずは用意してください。
自分で制作するメリットは自分のサイズに合わせて制作できるので良いですよ。

特集:障がいについてのページへ

制作開始

ノビロンを使用し制作していきますね。まず初めにデザインを決めますビーズをノビロンに通していく順番をきめるていく作業です。

↓のデザインに決めました。

決めたら順番に並べていきます、そこで自分の気に入ったデザインが決まったら、ノビロン(オペロンでも可能)に通していく作業です。

サイズに合わせて切ったらマスキングテープなどで後方を固定すると良いでしょう

まずは自分の手首に合わせサイズを決めて、最後に処理するため5センチくらいの余裕をもって
ハサミで斜めに切ります。↓の画像のように切ります。

ノビロンの先端を斜めに切ることでビーズが通りやすく

なりますし最後の処理がしやすくなります。

斜めに切るとこんな感じです

これからビーズを通していきます。

画像がボケてますがお許しください

順番にビーズを通していくを繰り返しながらの工程です。

↑みたいな感じを自分の手首の幅の数だけビーズを通していきます。最初にデザインを考え通すビーズを並べておくとスムーズに行きます。そして手首サイズになったら後方のマスキングテープを慎重にバラけないように外します。そして輪を作り真結びを2重で結びます。

これもボケてしまいお許しください

ちぎれないか確認を、ここで行うと良いですね。ここで、ちぎれたら最初からになります(泣)
なので2重真結びした段階での確認の方が出来上がってから、ちぎれるよりは少しは良いです(汗)
そして2重真結びした塊をビーズの隙間に通し治します。

そして、その中にボンドを注入します。ボンドが乾いて、余分なノビロンを切ったら↓完成です。

↑完成品です、今回は娘の手首に合わせて制作してみました。今回はタイガーアイを使用してみましたが自分の好きな天然石や、好きな色のビーズを使用してみると世界に一つだけのデザインの作品が完成します。天然石も色や形が豊富にあります。天然石一色とかでも良いかもです、アクセプトではビーズセットも販売しております。ぜひそちらも見てくれると嬉しいです。今回は画像がメインとなりました。

娘の手首です

こんな感じで↑可愛くオシャレですよね。老若男女問わずカッコよく出来たと思います(自画自賛)
コロナ禍だからこそ家でも出来る制作です、休みの日などに制作してみてはいかがでしょうか?

男性にもお勧めですよ、自分デザインが簡単に作れますし、挑戦してみるとけっこう面白いですよ。

ということで、ありがとうございました。次回(未定)はオペロンとかノビロンではなく、テグスを使ったブレスレットを紹介出来ればと考えています、では次回もよろしくお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

back:生産活動ページに戻る

top:フロントページに戻る

ツイッター配信中です!


コメント